青大豆の山椒煮


DSCF6820

 

先日、京都に行った際に立ち寄ったうつわ屋さんで、おいしいお店があるから是非行ってみてとご紹介して頂いたの行ってみました。

土曜日にご紹介いただいたのですが、その日は満席とのことで次の日の日曜日ならお席があるとのことで予約させて頂き行ってきました。

『仁和加』さんというお店です。

カウンター席のみで、とってもいい雰囲気。メニューもとっても豊富で優柔不断な私は目移りしまくり。

器にもこだわられていて、お料理おいしいし器もどれも素敵でまた京都に来た際には是非また来たいと思いました。

 

いろいろたくさん戴いた中で、旦那さんが絶賛していたものがお通しで出てきた「青大豆の山椒煮」。

私は山椒がそんなに得意ではなかったのですが、そんな私も本当においしくいただけた一品でした。

青大豆と山椒の実を煮ているとてもシンプルなものなのですが、山椒の香りがとてもよくて。

ということで、家でも作ってみたいと奮闘しました!

 

まず、青大豆を一晩水に浸けて戻します。戻す前はコロコロまんまるい形をしているのですが、ふっくらして大豆の形に戻ります。

DSCF6774

そして浸け水ごとお好みの硬さになるまでコトコト茹でていきます。

そうするとこんなにツヤツヤな子が!このままでもパクパク食べられるので塩など添えてシンプルにおつまみにもいいですね。ビールが進みそうです。

DSCF6789

保存容器などに茹でた青大豆を入れ、そこに次は鍋に出汁、酒、みりん、しょう油、そして山椒の実を入れ入れ一煮立ちさせたものを加えあとは味がしみるのを待つのみです。

おいしくできましたが、今回はちょっと味が薄かったので調味料の配合は次回の課題です。

レシピが完成したらまたお知らせしたいと思います!

DSCF6824